便秘解消の秘策、酵素ドリンク

便秘解消の秘策、酵素ドリンクです。食物繊維を摂るようにしましょう。

甘い果物は美肌づくりや成人病予防にも効果がある

   

みなさんは毎日どれくらいの果物を食べていますか?

先進諸国のなかでも日本は果物の摂取量が少ないと言われています。一見甘い果物を食べると太るというイメージがありますが、実は全くの誤解です。むしろダイエット効果が期待できるのです。さらに美肌づくりや成人病予防にも効果があるとされています。

できることなら果物を毎日200gは摂りたいところです。身体によいとされる果物ですが、今回は特に関心の高い「ダイエットに効果的な果物」についてご紹介していきます。ひと昔に流行した「バナナダイエット」がありましたよね。一時期スーパーからバナナが消えるほどでした。今となってはバナナダイエットをしている人は少ないかもしれません。その反面、バナナでダイエットを続けて成功している方もいます。

実は果物のなかで、バナナが一番ダイエットに向いているのはご存知でしたか?途中で止めてしまった人はもったいないです。ぜひ再チャレンジしてみましょう。そもそもバナナがなぜダイエットに向いているのでしょうか。その理由は豊富な栄養素がしっかり詰まった果物だからです。

食物繊維はもちろんビタミンやミネラルなど健康増進にも欠かせない成分が豊富に含まれています。またバナナは食べやすく、すぐエネルギーに変わります。さらにお手頃価格で年中手に入りやすいので、ダイエットを続けやすいメリットもあります。栄養価の高いバナナだからこそ、置き換えダイエットにおすすめなのです。もちろんバナナ以外にもグレープフルーツやいちご、キウイフルーツなど、ダイエットに適した果物はあります。

しかし食べごたえがあり尚且つ腹持ちがよいのはバナナではないでしょうか。たとえ朝食をバナナに置き換えることができなくても、毎日のおやつをバナナに変えてみるだけでもずいぶん違います。例えばショートケーキ一つ食べると約260kcalとってしまうところ、バナナ1本だと約86kcalですみます。おやつに比べるとかなりカロリーが低いことが分かります。ダイエット効果に美容、病気予防と優秀なバナナは果物のなかでも特におすすめです。

 - 食事